| 新規 | 編集 | 添付 | 一覧 |

飛田新地はどこにあるの?

住所
大阪府 大阪市 西成区 山王3丁目
⇒google mapで見る

関西地方【大阪】

近畿の経済・文化の中心地

osaka.png
長らく日本の文化の中心地であった京都に近く、
また西日本最大の都市として発展したため、独自の文化を築いてきた。
以下の食文化や芸能文化がよく知られるほか、大阪弁(浪花言葉)は
東京方言や京言葉などとともに日本で最も知られた方言の一つである。(Wikipedia)

大阪府大阪市【西成区】''

大阪市を構成する24区のうちのひとつ。ミナミ(難波・天王寺)に隣接する。

nishinari-ku.png
明治時代後期以降、南海鉄道や阪堺電気軌道などの開通により、
天下茶屋から北畠(現阿倍野区)・帝塚山(現阿倍野区・住吉区)に
かけての界隈が郊外住宅地として開発された。
また大正時代以降大阪市の拡大と共に、大阪市に近接している地理条件から
人口が急激に増加し、住宅地、工場地へと変貌した。特に南海線の駅がある
花園町、岸里、玉出などは商店街が栄え、木津川沿いは繊維、鉄工、造船などの
大工場が立地した。(Wikipedia)

西成区【山王】

大阪府大阪市西成区の町名。西成区の北東部に位置する。

sannou.png
浪速区と天王寺区と阿倍野区との境目に近い1丁目と2丁目は、
細い路地が入り組む昔ながらの商店街や長屋が建ち並び、
さながら昭和か大正かと思わせるノスタルジックな趣の町並みを
かもし出している。
南に下った3丁目には、大正時代から続く飛田新地という 
本最大級の旧遊廓がある。(Wikipedia)

【飛田新地】

阪神高速14号松原線を挟む料亭街『飛田料理組合』

tobitashinchi.png
飛田遊廓(とびたゆうかく)は、大阪市西成区の山王3丁目一帯に存在した遊廓、赤線。
大正時代に築かれた日本最大級の遊廓と言われた。(Wikipedia)

詳しい地図はこちら
飛田新地 青春/メイン/大門 通り 地図

添付ファイル: filetobitashinchi.png 360件 [詳細] filesannou.png 291件 [詳細] filenishinari-ku.png 446件 [詳細] fileosaka.png 288件 [詳細]
飛田新地は撮影禁止です
サイトが役に立ったらタップ