飛田新地料理組合について

tobita-board.jpg
  • Wikipediaより
    〝1958年の売春防止法施行以後は料亭街『飛田料理組合』となっているが、現在も転向以前の雰囲気を残している。大部分の「料亭」は看板は料亭であるが、営業内容は1958年以前と何ら変わりがない。表向き料亭に転向[1]することにより、料亭内での客と仲居との自由恋愛という脱法行為として売春防止法を逃れられたためである。〟
    出展: Wikipedia

飛田新地で営業している料亭は料理店として営業届けを提出しており、『飛田料理組合』が営業方針や衛生管理、防災などを取り仕切っている。

店のオーナーは組合へ参加する義務がある。

組合長についてはこちら

飛田新地料理組合の組合長

  • 略歴
    1912年(明治45年)難波新地乙部遊郭全焼
    1918年(大正7年)飛田新地開業
    1958年(昭和33年)売春防止法施行により料亭へ
    2018年(平成30年)開業100周年

飛田新地協同組合

経営者や個人間で結成された組合。持ち株形式で飛田会館と隣接する駐車場を保有。

飛田会館

組合の活動する場として記録も残る建物。

⇒ 飛田会館google map

飛田会館議会室

飛田新地の料亭

店を訪れお金を支払うと軽食と飲み物が提供される。

  • 経営者(オーナー、ママ)
  • おばちゃん(やり手ばばぁ)
  • 女の子(お運びさん)

普段はおばちゃんと女の子だけが店頭に座っており経営者は奥にさがっている事が多い。


          
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS